ごあいさつ

国民を中心とした医療福祉クラウドへ!


特定非営利活動法人
医療福祉クラウド協会
理事長 御園 愼一郎

我が国の保健医療は、医療・保健・介護従事者の努力によって大きく進展し、社会に貢献して参りました。 その中で医療系システムは、医療機関、医師を中心とした視点で部門システムとして長年構築されてきました。 地域医療、介護連携や遠隔診断支援の分野で医療・介護機関の連携が始まっていますが、特定の地域、あるいは医療法人グループ内など限定された範囲であり、情報の範囲も特定されたものに留まっているのではないかと思います。 そこで、医療福祉クラウド協会では、国民視点にたち、多様な医療・保健・福祉を利用する国民の便利向上と、我々国民にとって必要なサービスを、必要な場所で必要な時に享受できるクラウド環境を提唱し、推進していきたいと考えております。 医療福祉クラウドの実現により、国民の立場にたった「チーム医療」を提供することと、そして国民の皆様をはじめ、医療・福祉・介護にたずさわる方々の環境がより良くなることを目指します。